シミ レーザー治療

MENU

シミにはレーザー治療が有効ですか?

 

顔のシミを消す方法として、最も効果的と言われているのがクリニックでのレーザー治療です。ただし、レーザー治療が最適ではない種類のシミも存在しますし、レーザー治療のデメリットもあります。

 

ここでは、レーザー治療に向いているシミの種類とメリット、デメリットを紹介します。

 

レーザー治療に向いているシミは?

化粧品では直すことのできないシミがレーザー治療に向いているといえます。

脂漏性角化症

メラニンによるシミと肌荒れによる角質変化が進むとできるシミ。濃く盛り上がったシミで更年期にできやすくなっています。

 

花弁状色素班

赤くただれるくらいの日焼け後にケアを怠るとできるシミ。背中にできる場合が多く皮膚の奥に沈着するシミです。

 

そばかす

肌の白い欧米人に多いシミ。遺伝性の原因が多くメラニン生成が過剰になる。

この3つのシミは症状の進行が深いため、レーザー治療以外では回復は難しいでしょう。

 

レーザー治療のメリットとデメリットとは?

 

シミの改善にレーザー治療を選ぶ際のメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット

ピンポイントでシミに作用する治療のため、即効性が見込めます。何十年かかっても消えなかったシミが数日のうちに消えるといったケースも少なくないでしょう。

 

デメリット

費用が高いことです。完治までには数十万円は覚悟する意識で臨んだほうが良いでしょう。また、その場でシミを取り除けたとしても、肌の状態がよくなければ再発する可能性が高いです。

 

つまりターンオーバーの力が弱ければ次第に新しいシミが作られてしまうということです。

 

レーザー治療は、化粧品では消せないシミに対しての最終手段として活用するほうがいいかもしれません。

 

費用の面とその後の再発を考えると、保湿と美白成分の充実している化粧品を常日頃から使用していくほうが、遠目で見ると効果的でしょう。