化粧水 くすみ

MENU

化粧水はくすみに効果的?肌を明るくする成分とは?

 

化粧水の効果体験の口コミで一番多いのが翌朝のくすみ抜けですね。

 

早い女性ではなんと1日の使用だけでくすみ抜けを感じるケースもあるくらいですが、これにはある成分が関係しています。

 

それはビタミンCです。

 

くすみには3種類あり、それぞれメラニンぐすみ、陰影ぐすみ、血行不良ぐすみとなっています。

 

メラニンぐすみ

メラニン色素が顔の皮膚表面に溜まってできるくすみ。

 

陰影ぐすみ

皮脂汚れやメイク汚れ、乾燥した角質がめくれ上がって出来る影がつくりだすくすみ。

 

血行不良ぐすみ

冷え性や更年期に多く、顔の血管がちぢみ血行が悪くなるとできるくすみ。

 

このうち、速効性が出せるのは陰影ぐすみ、ついで血行不良ぐすみでしょう。

 

ビタミンCはくすみにどう効いていくの?

ビタミンCには強い抗酸化力があります。寝ている間に皮脂汚れが酸化して黒く変色するのを防いでくれるのです。

 

 

さらに、ビタミンCには皮脂分泌を抑える効果もあるので、余分な皮脂そのものが抑えられます。翌朝に顔色がワントーン明るくなるのは陰影ぐすみが解消されている可能性が高いのです。

 

また、使用を続けるとメラニンぐすみも解消されてきます。ビタミンCの美白効果が徐々に現れ、メラニンの生成が減少するからですね。

 

ビタミンCの浸透力を上げるとすごい効果が?

 

様々なくすみに対応できる力を持ったビタミンCですが、本来の効力はこんなものではありません。

 

 

その力は肌の真皮層にまでおよび、シワを作る原因でもあるコラーゲンの生成を促す効果まであるのです。40代以降の女性ですと特に気になる悩みでもありますね。

 

ただし、ここまでの力を発揮するためには浸透力、そして壊れにくいビタミンCを補う必要があります。

 

壊れにくいビタミンCを化粧水に配合するのは非常に難しいことです。リペアジェルなどの独自の技術を持っている化粧品以外では、美顔器を使用してのイオン導入で真皮層まで浸透させるのが一般的です。

 

 

本サイトでは美白化粧水を紹介しているため、強くおすすめすることは出来ませんが…

 

もし、現在シワにもお悩みの女性であれば、3種類すべてのくすみに対応できる美顔器の使用も視野にいれるといいかもしれません。

 

化粧品だけの使用の場合と比べると、かなり顔の環境が変化する可能性を秘めています。

 

ただし、初めて美顔器を使用する場合は、良し悪しがわからないかもしれません。まずはどんなものなのかを良く確認し、気に入らない場合には使用後でも返金保証が付いているものを選ぶといいでしょう。